構造・アフターフォロー

自然との調和と自由な空間設計を目指すA GALLERYが辿り着いた、確かな強度と信頼性を誇る耐震構法SE構法。

木のぬくもりを感じてほしいという想いから無垢材の使用にこだわり、
お客様のライフスタイルすべてを叶えたいという想いから自由な空間設計にこだわり、
長く安心して暮らしてほしいという想いから構造面にもこだわり、
お客様にとって理想の家づくりを目指すA GALLERYが辿り着いたのが、耐震構法SE構法です。
従来、RC造と鉄骨造において主流であったラーメン構法を木造に取り入れた構法を、
私たちは全棟で採用しています。
では、なぜSE構法を採用するに至ったのか。そこには確かな強度と高い信頼性がありました。

確かな強度と安全性を誇るラーメン構造から生まれたSE構造。

SE構法とは、柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げるラーメン構法を木造に取り入れた構法です。
ラーメン構法は、鉄やコンクリートといった強度計算のできる均質な部材の使用を前提としていて
従来の木造住宅では確かな強度を確保するための強度計算がなされていませんでした。
しかし、基礎の構造計算を含めた全棟構造計算を行うSE構法が誕生したことで、高い強度をもつ木造建築が可能になり、
私たちがこだわる無垢材を使用した家づくりでも確かな安全・安心を確保することができるのです。

累計1万余棟が“地震大国日本”で倒壊0という実績。

実績は、現在までに1万余棟を数えます。
全てのSE構法による構造躯体には「SE住宅性能保証書」が発行され、完成引き渡し後に最長20年間、
構造躯体に問題が生じた際の瑕疵保証が行われます。しかし最初の1棟以来、瑕疵保証は1度も実行されていません。
また、SE構法が想定している地震は、通常の揺れを遥かに超える「大地震」をも含んでおり、
専門機関による「構造評定」を取得しています。
これらの事実が「地震は来るもの」という予測のもとで行われる、構造計算の信頼性を実証しています。

来るべく自然災害から住まいを守る全棟構造計算を実施。

日本に住み続ける限り、いつか必ず地震や台風はやってきます。
SE構法では構造計算によってあらかじめ地震の揺れや風の力を予測し、それに耐えうる性能を持った住宅づくりを可能にしています。
住宅は土地の周辺環境や立地条件によって1棟1棟異なるため、SE構法では全棟構造計算しています。
構造計算を実現するには条件があります。それは、住宅の構造を構成するすべての部材の強度が分かっていること。
接合部に強度の基準があること。 そして、基礎や構造部材、接合部の強度が一定の基準値を満たしていること。
これによって初めて構造計算が可能になり、家の安全性を数値によって証明できるのです。

木造住宅では珍しい、基礎を含んだ構造計算も実施。

実はほとんどの木造住宅では、基礎の構造計算は実施されません。
SE構法では地盤調査に基づき、基礎の構造計算を全棟で実施可能にしています。
住宅を建てる前には、まず地盤を調査します。
とりわけ液状化は緩い砂質土であり、地下水位が高い地盤で発生しやすい傾向にあります。
現代では土地条件図や行政のハザードマップ、民間のデータベース、古地図などを活用することでチェックが可能です。
最近ではインターネットでも各エリアの「液状化マップ」で確認できます。
これにより地盤改良が必要な場合は、杭を打つことなどの対策を講じ、安全を確保します。

従来の2倍の強さをもつ特殊な部材を全棟に採用。

さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用しています。
これは、従来の金物工法の欠点を克服するために開発された特殊なボルトです。
表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって引張剛性を格段に向上させました。
通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより、より強い強度を実現しています。

ミリ単位の精度で、あなたの理想と高い安全性能を実現。

SE構法は、構造部材の品質基準や性能が明確であることとトレーサビリティが条件となるため、供給プロセスを整備しています。
これに伴い、品質協定を結んだ指定プレカット工場以外からの供給を認めていません。
供給された構造部材の品質管理の証として「出荷証明書」を発行する安心のシステムです。
高い安全性能をお約束するために、どこよりも厳格な精度品質を求めています。

全棟の構造躯体に対する、確かな保証制度。

前述のとおり、SE構法は累計1万余棟が建てられた現在に至るまで1件の事故も起こっていません。
SE構法では、法律化される前の1998年より独自に構造躯体に対しての保証制度を構築し、
全棟が適切に施工されるよう、SE構法施工管理技士によって、施工状況の写真ならびに施工チェックシートによる
「SE構法性能報告書」の提出を構造躯体完了後、14日以内に義務づけています。

プロフェッショナルのみが施工できる、特別な構法技術。

SE構法は一般的な工法と異なるさまざまな施工管理技術が必要なため、すべての建設会社が施工できる技術ではありません。
SE構法施工管理技士の有資格者1名以上が在籍し、
一定の技術水準を有する「SE構法登録施工店」のみがSE構法の家を施工することができます。
さらに技術者は、定期的に開催される技術研修会や勉強会に参加し最新の技術や知識を習得しつつ
3年ごとにSE構法施工管理技士の免許を更新することで、高い技術力を保つよう学び続けています。

確かな強度を保証する木造建築「SE構法」×世界でただひとつのマイホーム「A GALLERY」